DTPの派遣の基礎知識

DTPの派遣の基礎知識をご紹介します。

DTPオペレーターはイラストレーターやフォトショップなど専門のDTPソフトを使って小冊子やちらしや書籍を文字組版したりレイアウトしたりする仕事をします。

DTPオペレーターはデザインや編集の指示に従って文字組をしたり画像作成をします。

メリットは専門職ですから時給は高い水準であることです。

未経験でもスキルがあれば雇って貰えるかもしれません。

自分の都合で働けるのもメリットです。

●では、DTPオペレーターはどういったスキルが必要なんでしょうか?——まずはDTPソフトの「イラストレータ」「フォトショップ」「インデザイン」のアドビ社のソフトが使えることです。

そして印刷や出版の知識は必須です。

自分で勉強するのもいいですがプロとしてやるならばスクールでマスターしなければ駄目!基本的な操作ができれば現場で教えてもらいながらもできるかもしれませんが派遣社員に手取足取りであれば他の人を探すと思います。

中には自分でデザインやレイアウトをさせてくれる仕事もあるでしょう。

ですが一般的にはデザイナーの指示に従う単純で地味な仕事が多く几帳面さや緻密さは必須です。

DTPエキスパートの資格があればとても有利であると思います。

【派遣社員のタイムシートと給料の支払日について】